オフシーズンに結婚式を行うための工夫とアイディア〜真夏編〜

投稿日:

豆知識

結婚式のコストを下げる方法を↓こちらの記事でご紹介しましたが
【結婚式はいつ挙げるのが良い?人気シーズンと料金について!】
実際結婚式をオフシーズンに上げる場合、様々な問題があると思います。

しかし、その問題は工夫次第で結婚式の魅力にもなりうるのです。
今回は夏の結婚式にはどんな工夫とアイディアが必要なのかを紐解いていきたいと思います!

夏に結婚式を挙げる場合の工夫と配慮

mori-wedding
(引用元:松江市宍道ふるさと森林公園)

7月・8月の真夏のシーズンに結婚式を挙げる場合は、ゲストの方々への配慮が大切になってくるかと思います。
基本的には正装でゲストの方々は来られます。女性の場合は半袖のワンピースなどで来られるかと思いますが、男性の場合はスーツで来られる方が大半。
スーツは瞬く間に汗でびっしょりになってしまいますよね。そこで十分な配慮が必要になってくるわけです。

交通の便が良い場所で結婚式を行う

なるべく駅から近い場所で結婚式を行えば、ゲストの方々が移動時間で汗をかかなくて済みます◎
どうしても駅から遠くなってしまうようであれば、シャトルバスを手配するかタクシーチケットを渡し、歩かなくても良いように配慮が必要です!

昼間の時間帯は避ける

通常、結婚式というと昼間に挙げるのが定番です。しかし、真夏であれば昼間ではなく夕方〜夜の時間帯に行うのがベスト!
少し涼しくなってからであれば、ゲストはもちろん新郎新婦自身も快適なはずです。

ウェルカムドリンクやデザートなどは涼しげなものを!

ウェルカムドリンクで冷たい飲み物を用意したり・・デザートは夏らしい涼しげなものを選べば素敵なおもてなしに!
室内はエアコンが効いているとはいえ、季節に合ったものを提供した方が美味しく感じるはずです。

思い切って正装ではないカジュアルウエディングをする!

k-wedding
(引用元:SYOKU-YABO)

かなり思い切りが必要になってきますが、堅苦しい結婚式ではなく、カジュアルで楽しい結婚式を行いたいと考える方はカジュアルウエディングというのも選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?オリジナルなウエディングをコンセプトにしているプロデュース会社であればそういった望みも叶えてくれるはずです!

例えば・・
『ゲストはアロハシャツで参加!日本でハワイを味わうアロハな1日』

ハワイが大好きなお二人でしたら、ゲストの方々にはアロハシャツで参加してもらえば特に男性はスーツのような暑苦しさを感じなくて済みます!
アロハシャツであれば5000円以内で買えるかと思います。特に女性であれば、結婚式の為に新しい服や小物を買ったり、当日のセットで結構なお金がかかってしまいます。
しかし、アロハシャツで参加ということになれば、髪型なども自分でセットする形で大丈夫でしょうし、ゲストの負担も総合すると減ると思います。
人数がさほど多くないようであれば、ゲストの分のアロハシャツを用意してあげるのも良いかもしれません◎

『アウトドアウエディングでいつもと変わらない自分達を演出』
アウトドアが好きな二人でしたら、山や森の中で結婚式を挙げるのも面白いと思います。
山であれば街中よりも気温が低いかと思うので快適に過ごせるはず!
当日の格好は場所に合わせた普段通りの格好で来てもらいます。
ジーンズOK! 革靴NG!など、ゲストにわかりやすく提示すれば迷わないのでオススメです◎

真夏ならではの演出!

sea-wedding
(引用元:cath my party)

プールがある式場で夏らしいロケーションを楽しむ

プールがある式場を選べば、記念撮影なども夏らしく素敵な写真が撮れるはずです!水があることで涼しくなるメリットも!

花火の演出も素敵!

夏といえば花火ですよね。夜に結婚式を挙げるなら、花火の演出もオススメ!
打ち上げ花火でも10万円位〜可能なようなので、一生に一度の記念に打ち上げてみてはいかがでしょうか?ゲストもきっと大満足間違い無しです◎

夏小物が可愛い!

夏を象徴する貝殻やヒトデ。マリンスタイル。青×白のカラーコーデ。
明るくハッピーになる夏小物はウェルカムスペースや会場のコーディネートにオススメです◎

まとめ

真夏の結婚式にネガティブなイメージを持っていた方も多いと思います。
ただ、工夫次第で素敵な結婚式が挙げられるはずです!
そして、結婚式場も夏に結婚式を挙げてもらうために様々なお得な特典を用意しているはずです。
フェアなどに参加してみて、是非偵察してみてください!
夏が好きな二人なら自分たちらしい夏の結婚式を考えるのも楽しいと思いますよ◎

キーワード

スポンサーリンク

執筆者:

おすすめ商品

おすすめ商品